Created for expats living in Japan

日本の運転免許 なぜ技能試験は難しいのか?

日本では運転免許を取得する際、免許センターに通う人が多いですが、外国人が免許の書き換えを日本で行う場合や、日本人が海外で取得した免許を日本のものに切り替えたい場合、発行国により、技能試験が必須となります。

海外では知り合いや家族に運転の仕方を教えてもらったあと、試験を受けて合格することができますが、日本の技能試験は外国のものと比べて非常に難しいと言われています。それは、単に技術的な運転のスキルがあるだけでは合格することができず、細かなポイントをおさえておくことが必要になるからです。試験を受ける運転免許センターは朝から混雑していること多いため、もし技能試験に落ちてしまった場合、再び早朝から並ばなければなりません。そのようなことを避けるためにも、日本の運転免許の技能試験がなぜ難しいと言われているのか、さまざまな側面から解説していきます。

運転技術だけでは合格できない

運転免許の技能試験は、単にハンドルとアクセルを上手に操作することだけが求められているわけではありません。技能試験に合格するためには、重要なポイントを理解する必要があります。

技能試験は、車に乗る前の確認事項から始まり、目視や運転中のさまざまな確認、方向指示器を出すタイミング、車線変更の仕方、徹底的な安全確認、そして車の停止と降車まで、すべてに試験の項目が含まれています。特に「目視」は単に目を動かして見るだけではなく、頭を動かしてしっかりと確認することが大切です。指差しのジェスチャーを使って確認することも有益です。

マナーと礼儀

日本では、礼儀正しさや相手を尊重する心が大切にされています。そのため、運転技術のほかに、受験者の態度やマナーも見られているのです。傲慢で横柄といった相手に対して失礼な態度では合格することは難しいでしょう。ちなみに技能試験は警察官が試験官として採点します。また試験の日には、適切な服装と試験に適した靴を着用するようにしましょう。サンダルは認められていません。運転中にメガネが必要な方は、忘れずに持参しましょう。

練習の機会がない

実際に運転の練習したくても、場所を確保するのが難しいのもの現状です。特に外国人の免許切替えをサポートしているドライビングスクールは人気が高く、常に応募が殺到している状況です。その結果、十分な練習を積むことなく試験に臨むこととなり、すでに難しいと言われている技能試験をさらに難しくさせてしまうのです。

信頼性のあるリソースを選ぶ

最近では、YouTubeなどのプラットフォームにさまざまなアドバイス動画が溢れています。これらの動画は、技能試験に合格する秘策を提供すると謳っているものもありますが、まれに誤った情報があることも否めません。どの情報が正しいのか、受験者が見極める力も求められています。

最適でわかりやすい技能試験マニュアル

ASAHI MOTORS GROUPは、技能試験対策のハンドブック(マニュアル)を日本語と英語で提供しており、ドライビングスクールに通わずに技能試験に合格する方法を自分で学ぶことができます。分かりやすいイラストと動画の教材です。詳細はこちらをクリックするか、下の画像をクリックしてご覧ください。

Asahi Paper Driving School では、技能試験のためのレッスンも英語と日本語で提供しています。ご興味のある方は下のロゴをクリックしてご覧ください。

まとめ

日本の運転免許の技能試験は、予備知識をしっかりと持ち、試験に備えておけば一発合格も夢ではありません。正しい情報を集め、安全確認の方法や重要な試験のポイントを身につけておけば、スクールに通わなくても合格することは可能なのです。